2005年11月22日

八木秀次案(高崎経済大学助教授)

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/01291/contents/309.htm

2004年9月号 Voice
女性天皇容認論を排す
男系継承を守るため旧宮家から養子を迎えればよい
八木秀次(やぎ ひでつぐ)(高崎経済大学助教授)


皇位継承に関する基礎知識
 皇太子妃殿下のご病気とそれにともなう皇太子殿下の「雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあったことも事実です」とのご発言以来、再び女性天皇容認論が台頭している。(略)しかし、このような「雅子様おかわいそう」「愛子ちゃん天皇歓迎」といった感情論や、歴史軽視の選挙向けパフォーマンスによってわが国の国柄の中心問題である皇位継承が左右されていいはずはない。

(略)

 皇位継承の問題でいえば、百二十五代にわたって、ただの一度の例外もなく、苦労に苦労を重ねながら一貫して男系で継承されたということは、これはもう完全なる「時効」というべきものである。なにも保守主義の立場からの説明をする必要はないが、それだけ百二十五代の積み重ねは重いということである。
 以上のように、これまで皇統は一貫して男系で継承されてきたということを考えるならば、男系継承という線は最後のギリギリまで譲ってはならない。
 私とて、女性天皇に絶対反対ということではない。男系継承という道を探して、万策尽きた場合には女性天皇も女系天皇もやむをえないと思う。しかし、今日の女性天皇容認論は男系継承の道をとことん探った末の結論とは思えない。さらにいえば、男系継承の意義をわかったうえの見解とも思えない。
 要は優先順位の問題であると思う。私の立場からは、男系継承は最後の最後にどうしてもということでなければ譲ってはならない原理である。男系継承の道を徹底的に探って、それで万策尽きれば女性天皇も女系天皇もやむをえない、これが私の立場である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旧皇族の竹田、朝香、東久邇宮、北白川宮には明治天皇の内親王が嫁いでます。
さらに東久邇宮には昭和天皇の内親王が嫁いでます。
東久邇、朝香、竹田宮には若い男系男子も多数おります。
この人たちが皇族復帰するのがそんなにおかしいですか。

問題がすぐに分かる Q and A
http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html



旧宮家が現皇室と離れ過ぎているというヤツがいるけど、そんなに離れているか?

光格天皇┳仁孝天皇┳孝明天皇━明治天皇━大正天皇━昭和天皇━今上天皇┳徳仁親王
     ┃    ┃                        ┗秋篠宮文仁親王
     ┃    ┃
     ┃    ┃       ┏賀陽宮邦憲王━恆憲┳邦壽(直系は断絶)
     ┃    ┃       ┃         ┗章憲━正憲━男子二人
     ┃    ┃       ┃
     ┃    ┣久邇宮朝彦親王╋久邇宮邦彦王━朝融━○邦昭━朝尊
     ┃    ┃       ┃
     ┃    ┃       ┣朝香宮鳩彦王━孚彦━○誠彦━明彦
     ┃    ┃       ┃
     ┃    ┃       ┗東久邇宮稔彦王━盛厚┳○信彦━征彦
     ┃    ┃                  ┗眞彦━照彦━男子
     ┃    ┃
     ┃    ┗北白川宮能久親王━竹田宮恒久王━恒憲━○恆正━恒貴
     ┃
     ┗伏見宮邦家親王                            ○は直系の現当主

http://www.eonet.ne.jp/~yanaken/miyasama/column3.htm
今の宮家(旧宮家含)の家族構成。
http://www.eonet.ne.jp/~yanaken/miyasama/rekidai3.htm


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9647159

この記事へのトラックバック

皇室典範研究會「皇室典範改正への提言」
Excerpt:  本日は皇室典範研究會かい「皇室典範改正への提言」のご紹介。 正字正仮名遣いなのでいくつか読み仮名を振った。とはいえ慣れない人には読みづらいであろうから「まるやるま君」で変換した物を明日掲載する予定な..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-11-23 05:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。