2006年01月15日

どうなってるの?

とりあえず引用!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★皇室典範、党議拘束必要=通常国会提出変わりない−小泉首相

・小泉純一郎首相は13日夕、女性・女系天皇容認を内容とする皇室典範改正案について、20日召集の通常国会に提出する方針に変わりないとの考えを強調した。また、党議拘束についても掛ける必要があるとの考えを示した。

 首相官邸で記者団の「皇室典範改正案は通常国会提出の方針に変更はないか」との質問に対し、首相は「変わりありません」と答えた。また「安倍晋三官房長官が党議拘束は必要と言っているが、首相も同じ考えか」との質問に対し、「それはそうですね」と語った。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060113-00000115-jij-pol
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用終わり


小泉さんも、安部さんも、どうしたんですか?
本当に幻滅しました。
彼らは、本気で皇室の歴史を勉強したんですか?
こんな大事なことを、簡単に決めちゃっていいんですか?

女系天皇、つまり女性の天皇のお子さんが天皇になられるということは、2000年以上続いた皇室の歴史上たった1回もありません。男系の継承が続いたが故の「万世一系」なのです。私たちの国家の象徴であるこの皇室の伝統を一旦変えてしまうと、二度と元には戻らない。




以下は、有識者会議の素性です。

吉川弘之=共産党の青年活動家組織である民青出身
緒方貞子=人権擁護法案の推進者。クリスチャンで神道と敵対する立場。
岩男壽美子=ジェンダーフリー(性開放)主張者。お雛様廃止、端午の節句反対等々。
奥田碩=有名な左翼、中国親派。トヨタの総務課長出身。
笹山晴生=東京大学名誉教授、建国記念日に反対。左翼の歴史家
古川貞二郎=安倍晋三官房副長官(当時)に敵対する人物。
園部逸夫=元最高裁判所判事・極左判事
吉川弘之=皇室無視発言「どうってことない」


また、参考サイト
http://nihonsijoushugi.seesaa.net/article/11688787.html
http://nipponnogenki.seesaa.net/article/11673492.html
http://d.hatena.ne.jp/mahotan/20060114#p1
http://ostmark.blog6.fc2.com/blog-entry-222.html
http://blog.goo.ne.jp/nipponnogenki/e/5f5d2a6069a9fcfa5e18dd30292a2cf7
http://ostmark.blog6.fc2.com/blog-entry-222.html
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-103.html
http://blog.livedoor.jp/zaqwertyuiop/archives/50299535.html
http://patriotisme.seesaa.net/article/11662152.html
http://coffeefrom2005.seesaa.net/article/11611086.html
http://blog.livedoor.jp/n0murakeng0/archives/50189693.html
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-236.html
http://mumei-tarou.seesaa.net/article/11581245.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/1d236ec06a18b388b8a6ac1c257bbcfe
http://d.hatena.ne.jp/VieilleGarde/20060111#p1
http://0707.senyu-ren.jp/?eid=389162
http://blog.livedoor.jp/takashi4678/archives/50471140.html
http://blog.goo.ne.jp/kakumei-engine55/e/741d18824e52207c75a51edbec2684b3
http://understarrysky.seesaa.net/article/11377422.html





posted by kou at 01:11| Comment(58) | TrackBack(1) | 皇室典範改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。